ジャニーズ系まとめチャンネル

芸能音楽、ジャニーズ・イケメンに関連するまとめサイト。

    カテゴリ: V6

    • カテゴリ:
    1:2014/02/11(火) 21:01:11.25 ID:


      10日に発表された8、9日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、累計発行部数450万部を超える百田尚樹さんのベストセラー小説が原作 で、人気グループ「V6」の岡田准一さん主演の映画「永遠の0」が、8週連続で首位を獲得し、昨年7月に公開された「風立ちぬ」の連続1位記録に並んだ。 土日2日間で約12万8400人を動員し、興行収入は約1億7100万円となった。累計動員578万人、興行収入は70億円を突破した。

      2011年に人気を博したテレビアニメ「TIGER & BUNNY」の劇場版アニメ第2弾「劇場版 TIGER & BUNNY-The Rising-」は、全国94スクリーンと小規模の公開ながら、3位で初登場。土日2日間で約7万3700人を動員し、興行収入は約1億3000万円と なった。2人のF1レーサーの宿命の対決を描いた「ラッシュ/プライドと友情」は、4位で初登場。全国629スクリーンで公開され、土日2日間で約6万 5700人を動員、興行収入は約8500万円となった。そのほかの新作は、13位に韓国のポン・ジュノ監督の最新作「スノーピアサー」、14位に俳優の竹 野内豊さんが主演した映画「ニシノユキヒコの恋と冒険」が続いている。

     「劇場版 TIGER&BUNNY-The Rising-」は、テレビシリーズの“その後”の物語が展開する完全新作。一度は引退したが再びヒーローとして復活した、ワイルドタイガーとバーナ ビー・ブルックスJr.といった従来のキャラクターだけでなく、新規キャラクターも多数登場し、新たな難事件へと挑む。「ラッシュ/プライドと友情」は、 「アポロ13」(1995年)や「ダ・ヴィンチ・コード」(2006年)などを手がけたロン・ハワード監督の最新作。F1黄金時代の1976年を舞台に、 元F1レーサーで93年に亡くなったジェームス・ハントさんと、ライバルだったニキ・ラウダさんをモデルとし、レーサーの命がけの闘いと友情を超えた絆を 描く。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140211-00000012-mantan-ent
    【岡田准一主演「永遠の0」V8達成 興行収入70億突破 「風立ちぬ」に並ぶ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1:2014/01/27(月) 16:24:39.26 ID:
     作家・百田尚樹氏のベストセラー小説をV6の岡田准一主演で映画化した『永遠の0』が公開37日間で興行収入59億円、観客動員数は483万人を突破。週末興行成績ランキングで6週連続1位となり「V6」を達成したことが27日、わかった。(興行通信社調べ)

     昨年12月21の公開から1月26日までの観客動員数は483万3562人、興収59億6177万2950円となった。同成績は、一昨年同時期に公開された『レ・ミゼラブル』(2012年12月21日公開/最終興行収入58.8億円)を上回った。

     主演の岡田は先日都内で行われた大ヒット舞台あいさつで「“V6”を目指す」と宣言し、「僕はV6ですけど。それ以上目指して、頑張ってヒットしていけたら」と目標を掲げていた。

    ソース:ORICON STYLE(オリコンスタイル)
    http://www.oricon.co.jp/news/2033406/full/
    画像:映画『永遠の0』がV6達成!(出演者左から)山崎貴監督、吹石一恵、田中泯、井上真央、濱田岳、染谷将太

    【V6の岡田准一主演映画『永遠の0』が、週末興行成績ランキングで6週連続1位となり「V6」を達成】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1:2014/01/10(金) 19:01:53.63 ID:


     V6岡田准一が主演する映画『永遠の0』が、公開から3週連続で首位を獲得。興行収入もすでに32億円を超え、スマッシュヒットとなっている。

    「最終的には50億円を超えてくるでしょうね。今年の正月映画でナンバーワンになることは確実。また、この作品はジャニーズファンだけでなく、年配者なども多く来場しているのが特徴。これまで若者向けの作品への出演が多かった岡田ですが、この作品で俳優としての評価はますます上がっていくことになりそうですよ」(映画ライター)

     岡田といえば、主演を務める今年のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』もスタートしたばかり。こちらは初回の平均視聴率が20%を切る低調なスタートとなったものの、俳優として一般層へ訴求する力は非常に強い。

     こうした岡田の活躍で心配されるのが、所属するジャニーズのアイドルグループ「V6」への影響だという。「現状、岡田の“ひとり勝ち”といえる状態。グループ内での格差は広がるばかりですよ。2010年からNHK『あさイチ』で司会を務めている井ノ原快彦はまだマシですが、ほかの4人はほとんど存在感を示せていない。特に三宅健は歌もダンスも芝居も十人並みで、最近ではバラエティ番組で“イジられキャラ”として売っていますが、迷走気味。アラフォー世代になっていくこれから数年で、どういった方向性が示せるか……」(芸能記者)

     このまま岡田の独走が続けば「グループの解散も見えてくる」(同)というV6。ファンはあくまで、6人での活動を望んでいるようだが、果たして――。

    http://news.livedoor.com/article/detail/8418961/
    【V6、ますます広がる“グループ内格差” 解散へカウントダウン!?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1:2014/01/07(火) 01:05:13.10 ID:


     「V6」岡田准一(33)主演の5日放送のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第1回平均視聴率が18・9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが6日、分かった。

     低迷した前作の綾瀬はるか(28)主演「八重の桜」は初回21・4%だったが、今回は、10%台という“逆噴射スタート”となった。

     ここ10年の「平清盛」(17・3%)に次いで2番目に低い数字。ドラマは戦国時代に豊臣秀吉の天下統一を支えた天才軍師・黒田官兵衛の生涯を描いたストーリー。

     岡田といえば、上映中のヒット映画「永遠の0」に主演するなどジャニーズの中で演技派として知られる。以前はTBS系連ドラ&映画の「木更津キャッツアイ」、TBS系「タイガー&ドラゴン」にも主演し硬軟どちらもできる役者だ。

     岡田主演のドラマの特色は、テレビでは視聴率が取れないーーこれに尽きる。

     ドラマ関係者が言う。「木更津キャッツアイも映画やDVDは売れましたが、連ドラのとき視聴率は低調でした。岡田はカルト的なカリスマ性はあるのですが、大衆性はないのかも。ジャニーズありきの明らかなキャストミスですよ」

     木村拓哉主演の昨年末のTBS系連ドラ「安堂ロイド」も低視聴率に沈むなど、最近のジャニーズ主演ドラマは総崩れ状態。

     「最後の砦」岡田が“化ける”のか、それともジャニーズ総崩れに拍車をかけるの注目だ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/8406440/
    【最後の砦・岡田准一大河コケてジャニーズ神話崩壊(´;ω;`)】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1:2013/12/21(土) 11:36:56.78 ID:

     21日に公開される映画「永遠の0」で主演を務めた岡田准一(33)。“海軍一の臆病者”と呼ばれた天才零戦パイロット・久蔵を演じている。その岡田、近年はジャニーズアイドルの枠を超え、俳優としての地位を確立させている。

     映画では「陰日向に咲く」「天地明察」「図書館戦争」、ドラマでは「木更津キャッツアイ」「タイガー&ドラゴン」といったコメディーから「SP」といった正統派まで。来年1月からは大河ドラマ「軍師官兵衛」で主役を務める。もはや「V6」のカミセンメンバーということを忘れている人も多いだろう。

     「ジャニーズ俳優」といえばベテランでは木村拓哉(41)が挙げられるが、「何をやってもキムタク」というタイプとは一線を画す。端正な顔立ちながら演技派としても評価は高い岡田。映画批評家の前田有一氏はこう話す。

     「目力があって彫りが深い顔立ちなのにどんな役もこなしてしまう。あんなに濃い顔なのに丸刈りにするときりっとした旧日本軍の軍人に見えてくるんです。普通の髪形のまま海軍兵を演じた『真夏のオリオン』の玉木宏に比べたらしっかり役づくりしてますしね。日本版トム・クルーズのようなイメージ。たかがジャニーズと思ったら大間違いで、すでにアイドルというよりも俳優という印象が定着しつつある。また、真面目な役だけじゃなく、クドカン作品のようなサブカル的なジャンルもこなすので、映画界でも認められている。何をやってもアラが出ない器用な役者ですが、それだけ努力もしているのでしょう」

     仕事はすこぶる順調。もっとも、プライベートでは09年に蒼井優に同棲目前でフラれ、11年には宮崎あおいとの不倫騒動が発覚して元夫の高岡蒼佑(現・奏輔)に土下座で謝罪したという報道もあった。岡田の才能を見いだしたジャニーさんも大喜びか。

    http://news.livedoor.com/article/detail/8368922/
    【ジャニーズ脱皮 V6岡田准一に「日本版トム・クルーズ」の評】の続きを読む

    このページのトップヘ